1月

18

刻印の流行とパターン

結婚指輪の裏側に入れる刻印ですが、一般的には日付にイニシャルという組み合わせが多いものです。

▼刻印入りの結婚指輪に関するエピソード⇒英兵の結婚指輪、遺族のもとに 第2次大戦中にアルバニアで墜落:AFPBB News

この日付ですが、入籍日にするか、挙式の日付けにするかはカップルによってまちまちです。

多くの場合には入籍日を入れて、結婚記念日ということにするのですが、挙式の日付にして、結婚指輪の交換の日にするカップルもいます。

どちらが正解ということのないものですから、お互いが納得して日付を入れれば良いでしょう。

刻印は数字だけにするパターン、月を英語の略語にするパターンがあります。

リングの刻印は無料サービルのお店が多いとはいえ、デザインによっては刻印を入れるスペースが小さい場合も多いので、文字数に制限があることも。

確認しながら店員さんと相談して決めていくと間違いがないでしょう。

名前のイニシャルは二人のラストネームの頭文字でA to B A &B A♡Bなどのように刻印するのが人気です。

もっとスペースに余裕があれば名前をそのまま入れるのもいいでしょう。

メッセージは最近のランキングでは入れないカップルが多くなっているといいますが、もちろん自分たちで決めて刻印するのもいいでしょう。

英語だけでなくラテン語やスペイン語を刻印することもあります。

LoveやEternityのようなシンプルな言葉を、英語やそれ以外の言語にして刻印していることが多いようです。

ランキング上位に入るおしゃれなデザインのものも結婚指輪の場合、裏面の面積が小さくなると、短くて印象に残る単語を選んで刻印することになります。

Posted in どんな結婚指輪にする? | 刻印の流行とパターン はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.